老化の真の原因 老化現象とはなんでしょうか


 老化の真の原因がなんであるか、その犯人探しはともかくとして、「老い」はだれにも確実にやってきます。歴史上、これを避けることができた者はひとりとしていません。その方で、老化がだれの身にもまったく平等にやってくるかというと、けつしてそんなことはありません。ある人には早めにきて、ある人には遅れてゆっくりとやってきます。そこに老化という現象の不可思議さと、人間存在の多様性があるような気がします。

しかし、考えてみれば、老化が数式ですべて割り出せるような画一的なものであったなら、老化についてあれこれ論じても無意味ということになりかねません。、確実性があるからこそ、人類は大昔からなんとかコントロールする方法はないものかとあれこれ知恵を絞ってきたわけです。

それにしても、老化にはかなりの個人差があります。同じ年齢なのに、見るからに若々しい人、見るも無残に老けてしまっている人など、実にさまざまです。ここではその理由の医学的探究はおくとして、人間には2つの年齢があると考えてはどうでしようか。ひとつはいうまでもなく、生まれてから重ねてきた実際の年齢で、いわゆる「暦年齢」といわれるもの、そしてもうひとつは、現在の心身の状態を表す年齢で、「リアルエイジ」と呼ばれるものです。

問題はもちろん、リアルエイジです。その算定方法に国際基準などがあるわけではなく、現在、いろいろな医療機関や団体が独自の算定方法を発表しています。いずれも多数の質問項目に答える形式になっています。質問項目には、たとえば、「毎朝、しっかり朝食をとる」「毎日、泊分はウォーキングをする」などがあり、これらに「はい」と答えることで、リアルエイジは若返っていきます。といって、いくら健康的な生活をしている人でも、リアルエイジが暦年齢を20歳も30歳も下回るということはあり得ません。リアルエイジはコントロールできるといっても、もちろん限度があります。

いずれにせよ、はっきりいえるのは、暦年齢はだれもがまったく同じべースで重ねるしかないのに対し、リアルエイジは自分の努力で若返らせることができることです。
アンチエイジングを実践しようとするとき、対象になるのは自分ではどうにもできない暦年齢ではなく、コントロール一日能なリアルエイジであることは明らかです。それは同時に、アンチエイジングの目標が「不老不死」にあるのではないことを意味します。暦年齢がコントロールできるものでない限り、不老も不死もあり得ません。
問題はいかに老化の速度を遅らせ、リアルエイジを若返らせるかで、それがアンチエイジングの目標になります。